おまとめローンのおすすめランキング19選!銀行と消費者金融の審査を比較

おまとめローンは、複数の債務を一社にまとめることで、金利や返済額を少なくすることができるローン商品です。

多重債務者の救済策として、総量規制を超える貸付も認められていて、多くの貸金業者や金融機関が積極的に貸付を行なっているため、複数借金があって毎月の返済が苦しい方が利用して債務を一本化しています。

このページでは、おすすめのおまとめローンと、おまとめローンを利用する際に気をつけること、審査に通るコツについて紹介します。

目次

おまとめローンのおすすめランキング19選!ローン審査の流れも紹介

おまとめローンを扱っている貸金業社や銀行は多数ありますが、インターネットでアンケート調査を行い、おまとめローンの利用者が実際にどのおまとめローン商品を利用したかを調査しました。

結果をもとにランキング化し、それぞれのおまとめローンの、

  • 金利
  • 借入限度額
  • 返済期間
  • 必要書類
  • 借換対象
  • 審査の流れ

などの項目をわかりやすくまとめましたので、各商品を比較して自分にあったおまとめローンに申し込みしましょう。

アイフル おまとめMAX

おまとめMAX

大手消費者金融アイフルのおまとめMAXは、アイフルを現在利用していて、他にも複数社借り入れをしている人向けにローンを一本化できるおまとめローンです。

アイフルを現在利用していない方は、「かりかえMAX」に申し込みすることができます。

貸金業法の総量規制の例外貸付を適用することで、他社の返済資金として借り入れすることができます。

金利借入上限額対象年齢返済期間審査時間必要書類借り換え対象カードローン利用
3.0%〜17.5%(実質年率)800万円満20歳以上最長10年(120回)最短30分・収入証明書類
・他社の借り入れがわかる書類
・消費者金融
・クレジットカードのキャッシング枠。ショッピングリボ
・銀行ローン
×
STEP
審査申し込み

おまとめMAX・かりかえMAXは電話かWEBで申し込みができます。WEBの場合だと24時間365日審査申し込みすることができます。

STEP
契約手続き

審査が終わるとアイフルでに借り入れしている方はアプリの「契約締結(おまとめローン)」から契約手続きを進められます。

アイフルの利用が初めての方は自動契約機に行って契約手続きを行います。

  • 写真付き本人確認書類
  • 収入証明書類
  • 他社の借り入れ金額がわかる書類

などが契約時に必要となるのであらかじめ準備しておきましょう。

STEP
他社借入の返済

他社の借り入れは自身で返済し、その後はアイフルに毎月返済していきます。

審査結果によっては全ての借り入れを一本化できない場合もあります。

アイフルのおまとめMAXは、他社ではできない、銀行のローンやクレジットカードのショッピングリボも対象として借り換えすることができます。

アイフルが代わりに返済するのではなく、自身で返済する必要があるので、審査に通ってお金が振り込まれたら他社の借入の返済を自身で行いましょう。

プロミス おまとめローン

プロミスのおまとめローン

プロミスはSMBCグループのカードローンで、他社の借入の返済目的のみで借りられる総量規制の例外貸付を適用したおまとめローンも利用できます。

他社借入の返済はプロミスが行ってくれるため、新規でお金を借入することはできません。また、カードローンと違って限度枠が無いので、返済を進めても再び借りることはできない返済専用のローンです。

金利借入上限額対象年齢返済期間審査時間必要書類借り換え対象カードローン利用
6.3%~17.8% (実質年率)300万円まで満20歳以上65歳以下の安定した収入がある方最長10年(120回)最短30分・収入証明書類
・他社の借り入れがわかる書類
・消費者金融
・クレジットカードのキャッシング枠
×
STEP
審査申し込み

プロミスのおまとめローンは、インターネット申し込みができません。

自動契約機、電話、店頭窓口のいずれかで申し込みする必要があります。

STEP
必要書類の提出
  • 顔写真付きの本人確認書類
  • 収入証明書類

などの書類を提出します。

自動契約機や店頭窓口の場合は準備して持っていけばその場で提出して契約までできますが、電話の場合は郵送で手続きする必要があります。

STEP
契約手続き

審査に通れば契約手続きをして借入できます。

通常のカードローンと違って、お金を借りるのではなく、プロミスが他社の借入を代わりに返済してくれて、そのあとプロミスに返済をする流れになります。

プロミスのおまとめローンで一本化できる借入は、消費者金融の借入やクレジットカードのキャッシング枠の利用金額のみです。

銀行のカードローンやクレジットカードのショッピング枠は、プロミスで一本化することができないので注意が必要です。

SMBCモビット

モビット公式HP画像

SMBCモビットはプロミスと同じくSMBCグループの会社です。

おまとめローン専用の商品はありませんが、借入限度枠内で借換することで今よりも金利を低くできる可能性があります。

WEB完結申し込みをすることで、電話連絡なし、郵送物なしで即日融資※を受けることができます。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

金利借入上限額対象年齢返済期間審査時間必要書類借り換え対象カードローン利用
3.0%〜18.0%(実質年率)800万円満20歳以上69歳以下の安定した収入がある方最長5年(60回)※1最短30分※2
・本人確認書類
・収入証明書
※1ただし、返済能力その他の事情にかんがみ、合理的な理由があるとSMBCモビットが認めた場合には、最長106回(8年10ヶ月)
※2申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
STEP
審査申し込み

SMBCモビットのカードローンはインターネットで申し込みするのが一番審査時間が短くスムーズです。

  • 三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座
  • 社会保険証、組合保険証のいずれか

を用意できる場合は、電話連絡なし、郵送物なしで借入できるWEB完結申し込みが利用できます。

STEP
必要書類の提出

必要書類をスマホで撮影してデータを送ります。

  • 顔写真付きの本人確認書類
  • 収入証明書類

をあらかじめ準備しておきましょう。

STEP
 契約手続き

審査に通過すると、指定口座に振り込みで融資をしてくれます。

カードを発行する場合は、郵送でカードが届き、ATMでお金が引き出しできるようになります。

SMBCモビットは総量規制例外貸付によるおまとめ・借り換えローンはありません。

年収の限度内で借入して他社の借り入れを返済して一本化する形となるため、新規融資を受けることで総量規制を超えてしまうしてしまう場合は使えません。

限度内で借り換えできるのであれば、限度額の範囲内で繰り返し利用できるので借り換えに人気のカードローンです。

アコム 貸金業法に基づく借換え専用ローン

アコム公式HP画像

アコムは三菱UFJ銀行グループの最大手のカードローンです。

消費者金融なので総量規制の適用がありますが、貸金業法に基づいた借換え専用ローンは借換・おまとめ専用ローンなので例外貸付で借り入れすることができます。

金利借入上限額対象年齢返済期間審査時間必要書類借り換え対象カードローン利用
実質年率7.7%~18.0%300万円満20歳以上最長13年7ヶ月(162回)最短30分・本人確認書類
・収入証明書類
・消費者金融×
STEP
審査申し込み

アコムの借換専用ローンはインターネットで申し込みすることができません。

フリーコール0120-07-1000に電話をして問い合わせをして、店頭窓口かむじんくん(無人契約機)で審査を行います。

STEP
必要書類提出

店頭窓口か無人契約機に行って必要書類を提出します。

借換専用ローンの場合は、

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

が必要なので必ず準備しておきましょう。

STEP
契約手続き

店頭で審査を行ってくれて、審査に通った場合はその場で契約手続きを行います。

借換専用ローンは原則アコムが他社に代わって返済しますが、自身での返済を希望する場合は、返済後に他社清算書類を提出する必要があります。

アコムの借換専用ローンは、総量規制例外貸付での借り入れが可能ですが、借換目的しか利用できず、借換対象となるローンも消費者金融など貸金業者の借り入れのみで、銀行の借り入れやクレジットカードのリボ払いは対象外になっているので注意しましょう。

レイクALSA

レイクALSA公式HP画像

レイクALSAは新生銀行グループのカードローンで、おまとめローン専用商品はありませんが、借り入れ限度額が最大500万円まであり、限度枠の範囲内でローンの一本化ができます。

無利息期間もあるので、うまく利用すれば利息の支払いを抑えることができるので借換として利用するのもオススメです。

金利借入上限額対象年齢返済期間審査時間必要書類借り換え対象カードローン利用
4.5%〜18.0%(実質年率)500万円満20歳〜70歳最長8年(96回)最短30分・収入証明書
・所得証明書
STEP
申し込み

レイクALSAのカードローンの審査申し込みは、スマホ・PCからインターネット申し込みの他に、無人契約機や電話でも申し込みが可能です。

審査時から融資までをスムーズに進めるならインターネット申し込みが一番審査がはやく終わるのでインターネットで申し込みしましょう。

STEP
審査

審査結果は最短で15秒で出ます。

借り入れ額が高額になると収入証明書などの追加の必要書類の提出も必要になるため、少し時間がかかることもあります。

審査が終わると運転免許証などの本人確認書類をWEBアップロードか、「スマホ本人確認」を利用して提出して完了です。

STEP
融資

融資は口座への振込か、レイクALSAのアプリ「e-アルサ」をインストールすればセブン銀行のATMで借り入れすることができます。

レイクASLAはおまとめローン専用商品がないので、新規でカードローンを申し込みしてその限度額の範囲内で借り換えする必要があります。

総量規制の対象となるため、上限を超える借り入れがある方はレイクALSAでローンを一本化することはできません。

限度額内で借り換えするなら、無利息期間が最大180日間あるなど、うまく使えば支払い利息を減らせる可能性があるので少額の借り換えなどで利用するようにしましょう。

東京スター銀行おまとめローン(スターワン乗り換えローン)

東京スター銀行おまとめローン公式HP画像

東京スター銀行のおまとめローン(スターワン乗り換えローン)は、おまとめローン専用で高額の借換も可能のローンです

銀行のローン商品で低金利で借り換えすることができ、消費者金融よりも金利が低くなる可能性高いので、消費者金融の借り入れが複数ある方はスターワン乗り換えローンで一本化すると月々の返済金額を少なくできるかもしれません。

金利借入上限額対象年齢返済期間審査時間必要書類借り換え対象カードローン利用
9.8%〜14.6%(実質年率)1,000万円・満20歳以上65歳未満の方
・前年度年収が200万円以上の方
最長10年(120回)最短3日・収入証明書・金融機関のローン商品(事業性資金は除く)×
STEP
申し込み

東京スター銀行の公式HPからインターネット申し込みができます。

審査前に東京スター銀行の口座を作る必要があるのでまだ持っていない方は先に口座開設の手続きを済ませましょう。

その他に、電話や店頭でも申し込みは可能ですが、インターネットが一番簡単に申し込みができます。

STEP
契約手続き

審査に通ると、電話またはメールで連絡があります。

所定の手続きを済ませると、東京スター銀行の口座におまとめローンとして利用する金額が振り込まれます。

スターワン乗り換えローンは、高額のおまとめローンも可能ですが、申し込み条件が厳しく、審査も厳しいです。

前年度の年収が200万円以上あり、過去に債務整理をしていない、正社員・派遣社員・契約社員として働いているなどの条件を満たしている必要があります。

自営業者、パート、アルバイトの方は利用できないので注意してください。

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行公式HP画像

楽天銀行スーパーローンは、楽天銀行が提供しているカードローンです。

おまとめローン専用商品ではありませんが、高額の借り入れも可能で、低金利で借り入れができるので消費者金融の借り換え目的で借りることもできます。

金利借入上限額対象年齢返済期間審査時間必要書類借り換え対象カードローン利用
1.9%〜14.5%(実質年率)800万円満20歳以上62歳以下の方・本人確認書類
・収入証明書
自由
STEP
ネット申し込み

楽天銀行スーパーローンの公式サイトから申し込みします。

楽天銀行の口座を持っている方や楽天IDを持っている方はログインして進めるとスムーズに進みます。

STEP
審査

本人確認書類の提出や職場への在籍確認などの審査が行われます。

書類の提出は、郵送以外にも証明書送付アプリでスマホから送付することもできます。

STEP
カード発行

審査が完了すると、ローンカードが発行され、届き次第使えるようになります。

口座振替用紙が郵送で届くので必ず返送しましょう。

楽天銀行スーパーローンは銀行カードローンなので低金利で借り換えできます。

おまとめローン専用ではありませんが、資金使途が自由なので借り入れ限度枠内で他社の借り入れを返済して借り換えすることができます。

専業主婦の方でも上限50万円まで借りることができるので、専業主婦の方でおまとめローンをしたいという方にもおすすめのカードローンです。

オリックス・クレジット VIPフリーローン

オリックスVIPローン公式HP画像

オリックス・クレジットVIPローンは、オリックス・クレジット株式会社が提供するカードローンです。

オリックス銀行のカードローンとは別物で、オリックス・クレジット株式会社は信販会社なので、カードローンは総量規制の対象となります。

借り入れの上限が800万円と高額の借り入れに対応しているので、限度額内でのおまとめが可能です。

金利借入上限額対象年齢返済期間審査時間必要書類借り換え対象カードローン利用
1.7%〜17.8%(実質年率)800万円満20歳以上最長20年(240回)最短60分・本人確認書類
・収入証明書
自由
STEP
申し込み

インターネットか郵送で申し込みができます。

インターネット申し込みだと最短60分で審査が完了し、即日融資も可能なのでインターネット申し込みがおすすめです。

STEP
結果の連絡

申し込み内容を元に審査が行われ、審査結果がEメールで届きます。

審査の際に職場に電話で在籍確認があります。

STEP
融資実行

審査に通るとWEBで契約手続きができ、手続きを終えると融資が実行されます。

カードは後日郵送されますが、オリックス・クレジットのホームページから手続きすることで振込で融資を受けることができます。

オリックスVIPローンはおまとめローン専用商品ではないので、借り入れ限度枠内でおまとめローンをする必要があります。

普通のカードローンなので総量規制の対象となりますが、最短60分審査で即日融資も可能なので、急ぎで審査を終わらせたい人に向いている商品です。

横浜銀行カードローン

横浜銀行公式HP画像

横浜銀行のカードローンは、横浜銀行の口座を持っていなくても申し込みできる銀行カードローンです。(申し込み時に口座か視閲が必要です。)

地銀のカードローンですが、WEB完結で申し込みができて来店する必要がありません。

銀行カードローンなので、借り入れした限度枠の中で自由に他社の借り入れを借り換えすることができます。

金利借入上限額対象年齢返済期間審査時間必要書類借り換え対象カードローン利用
1.5%〜14.6%(実質年率)1,000万円満20歳以上69歳以下の方1年(自動更新)最短翌日・収入証明書
・本人確認書類
自由
STEP
WEB申し込み

横浜銀行の公式HPから申し込みすると24時間審査申し込みが可能です。

横浜銀行の口座を開設していない場合は、「口座開設アプリ」をインストールして、口座開設の手続きも同時に進めましょう。

STEP
審査結果の連絡

審査結果は最短で翌日に連絡があります。

本人確認書類などの必要書類は、ショートメッセージサービスで連絡があり、WEBアップロードで提出しましょう。

STEP
契約手続き

審査が完了すると、指定口座に振り込みで融資してくれます。

はまぎんアプリをインストールしておくと、借り入れや返済もスムーズになるので可能であればインストールしておきましょう。

横浜銀行カードローンは、限度額も高く金利も低いのでおまとめローンとして利用するのにぴったりのカードローンです。

おまとめローン専用商品ではないので、借り入れ限度枠内で借り換えする必要がありますが、銀行カードローンで金利も低いので、消費者金融でお金を借りている場合は、ほとんどの場合で金利を下げることができるでしょう。

アプリを使って借り入れや返済ができるなど、大手消費者金融や銀行と変わらないくらい便利なカードローンなので、横浜銀行を普段から使っていない方にもおすすめです。

ちばぎんカードローン

千葉銀行カードローン公式HP画像

ちばぎんフリーローンは千葉銀行が提供している用途を問わず自由に使えるフリーローンで、消費者金融やリボ払いの借り換えとしても利用することができます。

カードローンとは違い、枠内で何度も使えるタイプではなく、一度借りると完済するまで返済し続けるタイプなので、カードローンだと借りすぎてしまいそうという方はフリーローンがおすすめです。

ちばぎんフリーローンも銀行ローンなので、総量規制を超える借り入れがあっても利用することができます。

金利借入上限額対象年齢返済期間審査時間必要書類借り換え対象カードローン利用
1.7%〜14.8%(実質年率)800万円満20歳以上70歳未満(千葉県、東京都、茨城県、埼玉県、神奈川県に住んでいる方のみ)最長15年最短30分・収入証明書
・本人確認書類
自由×
STEP
ネット申し込み

「10秒クイック診断」で借り入れ可能がどうかの目安を知った後、「ネットでかんたん申し込み」でインターネット申し込みができます。

申し込みを選ぶと、エム・ユー信用保証という保証会社のページに遷移して、申し込みをします。

STEP
本人確認資料を提出

WEBアップロードで本人確認書類を提出します。

50万円以上の借り入れ希望の場合は審査後に所得証明書類の提出も必要なので合わせて準備してください。

STEP
審査結果の連絡

インターネット、電話、郵送のいずれかの方法で審査結果の連絡があります。

所得証明書類の提出などもこのタイミングで求められるので、求められた必要書類を提出しましょう。

STEP
融資実行

書類に不備などがなければ、返済用口座に振り込みで融資が実行されます。

ちばぎんフリーローンは、使用用途が自由で最大800万円まで借り入れできるので消費者金融の借り換えには使いやすいですが、借り入れには千葉銀行の口座を持っていることと、千葉銀行の営業エリアに住んんでいることが条件となります。

条件に合致している方は金利も低くカードローンと違い再び借りてしまう心配がないので安心して利用できるローンです。

auじぶん銀行 カードローン

auじぶん銀行カードローン公式HP画像

auじぶん銀行カードローンは、KDDIと三菱UFJ銀行が出資してできたインターネットバンクのauじぶん銀行が発行しているカードローンです。

銀行カードローンの中でも金利が低いため借り換えに向いているだけでなく、携帯電話がauを使っていた場合は、さらに金利優遇を受けられるなどのメリットがあります。

金利借入上限額対象年齢返済期間審査時間必要書類借り換え対象カードローン利用
1.48%〜17.5%(実質年率)800万円満20歳以上70歳未満最長10年(120回)最短1時間本人確認書類
・収入証明書
自由
STEP
スマホで申し込み

auじぶん銀行カードローンはスマホで審査申し込みから融資までを完結することができます。

auじぶん銀行の公式HPから審査申し込みをしてください。

STEP
必要書類提出

必要書類はスマホで提出できます。

本人確認書類と、60万円以上借り入れ希望の場合は所得証明書類も必要です。

STEP
審査結果の連絡

審査の結果はEメールか電話で連絡がきます。

審査に通っていた場合は指定した口座に振り込みで融資されます。

auじぶん銀行カードローンは、インターネットバンキングのカードローンなので手続きも全てWEBで行えてスムーズに借り入れすることができます。

金利も低く、auユーザーは優遇もあるので、au携帯を利用している方はかなりお得な金利で借り換えすることができるので、検討してみましょう。

イオン銀行 フリーローン

イオン銀行フリーローン公式HP画像

イオン銀行のフリーローンは、使い道自由で口座に借り入れ額を振り込みしてくれて、毎月返済を続けていくローンなので他社の借り換えに使えます。

低金利で借り入れできるので消費者金融やクレジットのキャッシングの借り換えをすると金利を低くできる可能性が高いです。

余裕ができた時に全額繰上げ返済もできるので、支払い利息を減らすためになるべく早めに返済できるようにするとさらにお得です。

金利借入上限額対象年齢返済期間審査時間必要書類借り換え対象カードローン利用
3.8%〜13.5%(実質年率)700万円満20歳以上満60歳未満最長8年(120回)・本人確認書類
・収入証明書
自由×
STEP
インターネットで申し込み

イオン銀行の公式HPから審査申し込みができます。

インターネットバンキングなので来店不要で申し込みが可能で、口座開設も不要で借り入れができます。

STEP
審査

申し込み内容をもとに審査が始まります。

自宅や勤務先に申し込み内容の確認の連絡がある場合があります。

当日中に審査結果が出ない可能性があるので余裕を持って申し込みしておきましょう。

STEP
契約手続き

審査に通ったら「お借り入れの手続きのご案内」が自宅に郵送で届きます。

郵送された契約書に必要事項を記入し返送して契約手続きは完了です。

後日振り込みで融資が実行されます。

イオン銀行のフリーローンはイオン銀行の口座を開設していなくても利用可能で、低金利なのでおまとめローンとして利用しやすいです。

審査スピードは遅く、即日融資は不可能なので、お金が必要な日から逆算して、間に合うように申し込みをしましょう。

中央リテール

中央リテール公式HP画像

中央リテールは貸金業法に基づくおまとめローンに特化した貸金業者で、上限金利も13.0%と、低金利で借り換えすることができます。

不動産を持っている場合は不動産担保ローンもあり、最大500万円までを最短1日で審査から融資まで完結してくれるので、急ぎの方にもお勧めできるローンです。

金利借入上限額対象年齢返済期間審査時間必要書類借り換え対象カードローン利用
3.0%〜17.5%(実質年率)800万円満20歳以上最長10年(120回)最短30分収入証明書・消費者金融
・銀行ローン
・クレジットカードのショッピング枠
×
STEP
申し込み

中央リテールの審査はインターネットか電話で申し込むことができます。

電話の場合は03-6415-1280(平日9時から18時30分)に電話で申し込みできます。

STEP
返済計画の相談

完済までの期間や返済額を相談した上で、審査が行われます。

申し込みしたことが家族や職場へバレないように最大限配慮をしてくれるので周りにバレる心配はありません。

STEP
契約手続き

無事に審査が完了すると、契約日を決定して、本人確認書類など必要書類を提出し、契約となります。

中央リテールは、複数社から借り入れがある方を対象とした貸金業法に基づくおまとめローンに特化しているので、借り入れが多くても審査に通る可能性は十分にあります。

毎月の返済金額や返済期間も相談に乗ってくれて柔軟に対応してくれるので、まずは相談してみましょう。

新生パーソナルローン おまとめローン

新生銀行パーソナルローン公式HP画像

新生銀行パーソナルローンは、カードローン「レイクALSA」を発行している新生銀行グループのおまとめローン専用商品です。

レイクALSAではおまとめローン専用の商品がなく、限度枠の中で借り換えする必要がありましたが、新生銀行パーソナルローンの場合は、総量規制例外貸付を利用してローンの一本化ができるので、複数の債務があって返済が苦しい方にオススメのローンです。

金利借入上限額対象年齢返済期間審査時間必要書類借り換え対象カードローン利用
10.5%〜18.0%(実質年率)400万円満20歳以上70歳まで最長8年(96回)・本人確認書類
・収入証明書
・銀行振り込み依頼書
・消費者金融
・クレジットカードのキャッシング枠
×
STEP
申し込み

新生銀行のおまとめローン「かりかエール」は、

  • インターネット
  • ノーローンダイヤル(0120-394160)
  • 新生銀行カードローンの自動契約機

上記の3つの申し込み方法があります。

インターネット申し込みが一番スムーズに審査が進むのでインターネット申し込みがおすすめです。

STEP
本人確認・在籍確認

審査の際は、本人確認や在籍確認のため携帯電話や職場に電話で連絡があります。

職場への連絡は消費者金融とは名乗らず担当の個人名で連絡があるのでバレることはありません。

STEP
契約手続き

審査に通過すると契約手続きを行います。

契約は新生銀行カードローンの自動契約機で行うか、郵送でやりとりします。

近くに自動契約機がある場合は、契約機で手続きをした方が早いので自動契約機に行きましょう。

STEP
返済開始

おまとめローンの場合は、自分の口座に振り込まれるのではなく、借り入れがある他社に新生銀行パーソナルローンが返済を代わりに行ってくてれ、毎月新生銀行パーソナルローンに返済する形となります。

新生銀行パーソナルローンのおまとめローン「かりかエール」は、返済専用のローンで、他社の借り入れを代わりに返済してくれますが、消費者金融のおまとめローンで金利が高いので注意が必要です。

今の借り入れと金利を比較して、金利や毎月の返済額が下がるようなら利用するようにしましょう。

JCBカードローン「FAITH」

JCBカードローン公式HP画像

JCBカードローン「FAITH」は、上限金利が12.5%と、消費者金融と比べて金利が低く借り入れできるカードローンです。

総量規制例外貸付のおまとめローンを利用することはできませんが、総量規制の範囲内での借り換えであれば、他社の金利より低く借りられる可能性が高く、利息の負担を減らすことができます。

総量規制とは、貸金業法によって定められたルールで、貸金業者が貸し付けられるお金の総額は「年収の3分の1」までとなっています。そのため、すでに年収の3分の1を超える借入残高がある方は、JCBのキャッシングサービスを含む、貸金業者のキャッシングを利用して、ローンをまとめることができません。

引用 : JCB公式HP
金利借入上限額対象年齢返済期間審査時間必要書類借り換え対象カードローン利用
4.4%〜12.5%(実質年率)500万円満20歳以上最長10年(120回)最短即日・本人確認書類
・収入証明書
自由
STEP
WEB申し込み

JCBカードローンの公式HPでインターネット上で申し込みができます。

STEP
必要書類の提出

本人確認書類や、借り入れ金額によっては所得証明書類の提出が必要になります。

提出は、WEBアップロードで提出するか、郵送で提出する形となっています。

STEP
審査結果連絡

審査結果は最短即日で連絡があります。

審査に通った場合は、3営業日ほどでローンカードが郵送で届けられ、全国のATMでお金を引き出しできるようになります。

また、ATM以外にも、インターネットか電話で借り入れ手続きをすれば、最短数十秒で支払い口座に振り込みで融資も対応してくれます。(平日9時〜23時)

JCBカードローンFAITHは総量規制例外貸付のおまとめローンを利用することができないので、総量規制内の借り換えで利用するのがおすすめです。

上限金利が12.5%ととても低く設定されているので、消費者金融やクレジットカードのリボ払いなどの返済で苦しんでいる方は金利を下げられる可能性が高いので確認してみましょう。

NCBおまとめローン

NCBおまとめローン公式HP画像

西日本シティ銀行のおまとめローン「NCBおまとめローン」は、西日本シティ銀行の管轄エリアに住んでいる方のみが利用できるローンです。

ただ、東京都大阪エリアの店舗は取り扱いが無いようなので、それ以外のエリアのみ利用できます。

50万円以内であれば専業主婦の方も借り入れできるので、専業主婦の方でおまとめローンを探している人はNCBおまとめローンがおすすめです。

金利借入上限額対象年齢返済期間審査時間必要書類借り換え対象カードローン利用
4.5%〜15.0%(実質年率)500万円満20歳以上74歳まで最長10年(120回)最短30分・本人確認書類
・収入証明書
・他社の残高証明書類
自由×
STEP
ネット申し込み

NCBおまとめローンの申し込みはインターネットかATMで申し込みできます。

申し込み時には西日本シティ銀行の口座開設は必要ありませんが、審査に通った時は契約時に口座を開設する必要があるので、同時に口座開設の手続きをしておいてもよいでしょう。

STEP
審査・在籍確認

審査が始まると、信用情報機関に与信の照会や、職場への在籍確認などが行われます。

STEP
契約手続き

仮審査に通過すると、最寄りの店頭窓口で契約手続きを行います。

  • 本人確認書類
  • 50万円以上の借り入れの場合は収入証明書類
  • 他社の借入がわかる残高証明書類

を準備して行きましょう。

土日でもローン営業室であれば開いているので契約可能です。

この際に口座を持っていない場合は銀行口座の開設も必要なので、銀行印が必要になります。

STEP
融資実行

おまとめローンなので自身の口座にお金が振り込まれるのではなく、他社の借入の返済を西日本シティ銀行が代わりに行ってくれます。

NCBおまとめローンは他社の借り換え専用ローンなので新規でお金を借りることはできません。

審査に通ると銀行側で他社に返済手続きを行ってくれて、今後の返済を西日本シティ銀行で行う形となります。

銀行のおまとめローンなので消費者金融の借り入れで年収の3分の1を超えている場合や、収入のない専業主婦の方でも低金利で借りることができます。

紀陽銀行おまとめローン

紀陽銀行おまとめローン公式HP画像

紀陽銀行のおまとめローン+は自営業や主婦の方でも利用できるおまとめローンで、上限金利も14.0%と低めに設定されています。

完済時満80歳以下の方まで対応しているので、他の銀行では年齢制限で借りられなかったという高齢の方でも借り入れできる可能性があります。

金利借入上限額対象年齢返済期間審査時間必要書類借り換え対象カードローン利用
6.5%〜14.0%(実質年率)800万円満20歳以上完済時の年齢が満80歳以下最長10年(120回)最短翌営業日・本人確認書類
・収入証明書
・他社の残高証明
・消費者金融
・銀行ローン
・クレジットカードのリボ払い
×
STEP
WEB申し込み

現在紀陽銀行の普通預金口座を持っている方のみWEB契約ができるようになっています。

普通預金口座を持っている方は紀陽銀行の公式HPから申し込みできます。

口座を持っていない方はまずは店頭で口座開設の手続きを済ませる必要があります。

STEP
必要書類提出

本人確認書類と、100万円以上の借り入れ希望の場合は所得証明書類をWEBアップロードで提出します。

借り換え目的の場合は他社の残高証明書類も一緒にアップしましょう。

STEP
審査完了

口座を持っている場合は来店不要で契約できます。

審査が完了すると紀陽銀行の公式HPでキャッシュカードの暗証番号を利用して本人確認を行い、融資が実行されます。

紀陽銀行のおまとめローン+は紀陽銀行の普通預金口座を持っている方のみが利用できるローン商品なので、持っていない方は普通預金口座を開設する必要があります。

もし口座を持っているのであれば、主婦や自営業、年金収入の方など幅広い層の人が借り入れできる便利なおまとめローンで、金利も低く設定されているので利用しやすい商品です。

りそな銀行プレミアムフリーローン

りそな銀行フリーローン公式HP画像

りそな銀行のフリーローンは、使い道自由で借り換えやローンの一本化目的で借り入れすることができます。

銀行のフリーローンですが、主婦や学生は利用することができません。

契約時にはりそな銀行の口座が必要となるので、持っていない場合は口座開設を先にする必要があります。

金利借入上限額対象年齢返済期間審査時間必要書類借り換え対象カードローン利用
6.0%〜14.0%(実質年率)500万円満20歳以上66歳未満最長10年・本人確認書類
・収入証明書
自由×
STEP
WEB申し込み

申し込みにはりそなの口座が必要なので、持っていない場合は、口座開設アプリをインストールして口座を開設します。

普通預金口座を持っている場合はWEB完結申し込みが可能です。

りそな銀行公式HPで必要事項を入力して審査申し込みをします。

STEP
書類提出

仮審査に通過すると、本人確認や、書類の提出の連絡がくるので、必要書類を提出します。

希望額が50万円を超える場合は収入証明書の原本が必要なので準備しておきましょう。

STEP
契約手続き

本審査に通過すると、契約手続きの連絡があり、りそな銀行の口座に融資が実行されます。

りそな銀行のプレミアムフリーローンは借り入れに普通預金口座が必要ですが、アプリで簡単に口座開設することができます。

口座を持っていればWEB完結で申し込みができ、低金利で借り入れできるのでおまとめローンとして使えます。

また、りそな銀行で住宅ローンを契約している場合はさらに金利優遇を受けることができ、お得に借りられるので、りそな銀行で住宅ローンを契約している方は金利優遇を活用しましょう。

京都銀行フリーローン「グッドサポート」

京都銀行フリーローン公式HP画像

京都銀行のフリーローンは、最大1,000万円まで借り入れでき「借り換え・おまとめローンに」と明記してい流ので、ローンの一本化におすすめのフリーローンです。

契約時に口座開設は必要ですが、審査は口座を持っていなくてもインターネットで申し込むことができます。

金利借入上限額対象年齢返済期間審査時間必要書類借り換え対象カードローン利用
3.675%〜13.675%(実質年率)1,000万円満20歳以上最長10年最短30分収入証明書・消費者金融
・銀行ローン
・クレジットカードのショッピング枠
×
STEP
申し込み

申し込み方法は、

  • インターネット
  • FAX
  • 電話
  • 店頭

上記4つの方法で申し込みできます。

インターネット申し込みだと24時間365日申し込みができるのでインターネット申し込みがおすすめです。

STEP
審査結果の連絡

仮審査の結果はメール、電話、郵送のいずれかで届きます。

STEP
正式申し込み

仮審査に通っていた場合は、最寄りの京都銀行の支店に行くか、契約書を郵送でやりとりして契約手続きを済ませます。

普通預金口座を持っていない場合は、店頭で口座開設の手続きをする必要があります。

京都銀行フリーローン「グッドサポート」は、公式HPにもおまとめ・借り換えOKと書かれていて、他社の借り換えに積極的なローンだということがわかります。

京都銀行の普通預金口座を持っていない場合は、契約時に口座開設をする必要があるので、京都銀行の支店が近くにある必要がありますが、低金利で他社の借り入れを借り換えできるので金利は返済額の負担を少なくすることができます。

消費者金融のおまとめローンを申し込む際に気をつけるポイント

アコム店舗写真

消費者金融のおまとめローンは、貸金業法で総量規制の例外貸付として一時的に年収の3分の1を超える貸付が認められています。

総量規制の「例外貸付け」に分類される契約

1.顧客に一方的に有利となる借り換え

2.借入残高を段階的に減少させるための借換え

引用 : 日本貸金業協会

ですが、カードローンを新規で借り入れするのとは違い、いくつかの条件があります。

カードローンではなく返済のみの貸付

おまとめローンの場合、新規で借り入れできるわけではなく、一時的に新たな借り入れ枠が追加されますが、その借り入れの目的は、他社の借り入れの返済資金のみしか使うことができません。

実際に、プロミスやアコムのおまとめローン・借り換えローンは、自身の口座に振り込まれるのではなく、他社の返済を代わりに行うという条件で貸付しています。

アイフルのみは一時的に債務者の口座に振り込むこともしてくれますが、その場合は、他社清算書類を提出する必要があります。

貸金業者、銀行ローン、クレジットカードのリボも対象!

返済は1ヶ月に一度、約定に基づく計画的な返済で、段階的に借入残高が減少!

※銀行ローン、ショッピングリボのおまとめをご希望の場合、書類提出が必要です。

引用 : アイフル公式HP

一本化目的で総量規制の例外貸付を受けたにも関わらず、別の用途で利用してしまうと、強制解約となってしまうので、必ず返済に充てるようにしましょう。

一本化できる債務とできない債務がある

おまとめローンで一本化できる借り入れは決まっていて、全ての借金を一本化できる訳ではありません。

借換え対象となるローン

消費者金融・クレジットカードなどにおけるお借入れ(無担保ローン)。

※ 銀行のカードローン、クレジットカードのショッピングなどを除く

引用 : プロミス公式HP

総量規制の対象となる借り入れしか一本化することはできないので、

  • 消費者金融の借り入れ
  • クレジットカードのキャッシング枠

などは一本化することができますが、

  • 銀行カードローン
  • クレジットカードのショッピングリボ払い
  • 自動車ローン
  • 信販会社のショッピングローン

などは総量規制の対象に含まれませんので、一本化することができません。

金利が高く一本化しても損をしてしまうケースもある

消費者金融のおまとめローンを利用する時に注意しなければならない点が、「金利が高くなってしまう」可能性があるという点です。

銀行カードローンなど、低金利で借り入れできているものは基本的に消費者金融で借り換えしても金利が高くなり負担が少なくなる可能性は低いです。

消費者金融の金利は、借り入れ額が高額になればなるほど低くなっていくので、複数社で高い金利で100万円を超える金額を借り入れしている場合は金利が低くできる可能性が高いです。

金利を下げて返済総額を少なくできるかどうかは、加重平均金利を計算することでわかります。

加重平均金利の計算方法

A社 : 30万円(借入)×18.0%(実質年率)=5.4万円(年間の利息)
B社 : 40万円(借入)×18.0%(実質年率)=7.2万円(年間の利息)
C社 : 30万円(借入)×17.5%(実質年率)=5.25万円(年間の利息)
A社+B社+C社=17.85万円(年間の利息の合計)

上記3社の借り入れを、借り入れ100万円、金利15.0%(実質年率)借り換えすると、

100万円(借入)×15.0%(実質年率)=15万円(年間の利息)

と、単純計算で年間で2.85万円も支払い利息を少なくすることができます。

金利だけで比較するのではなく、借入金額と金利から支払い利息を計算して、おまとめローンをすることで支払い利息を減らせるかどうかを確認しましょう。

銀行でおまとめローンを申し込む際に注意するポイント

三井住友銀行店舗写真

銀行のカードローンやおまとめローンは、消費者金融と比べて低金利で借り換えすることができます。

銀行は貸金業者ではないので、貸金業法ではなく、銀行法という法律に基づいて貸付を行なっています。

そのため、貸金業法で規制されている総量規制は無関係で、銀行独自の審査によって貸付枠を決定します。

消費者金融よりも低金利で借入できる

一般的な銀行のカードローンやおまとめローンは、消費者金融よりも金利が低く設定されているため、一本化した際に金利を低くできる可能性が高いです。

消費者金融の場合は、100万円を超える借り入れの場合は金利が15.0%程度まで下がりますが、少額だと上限金利である18.0%が適用されていることがほとんどなので、多くのケースで低金利で借り換えすることができます。

審査に時間がかかる

銀行のカードローンやおまとめローンは消費者金融のように即日融資を受けられる可能性は低いです。

消費者金融は即日融資のための審査ノウハウが豊富で、最短30分審査、土日でも融資など、即日融資をするための体制が整っていますが、銀行カードローンは、慎重に審査を行うため、審査が当日中に終わることはほとんどありません。

職場の電話確認も必ず行うため、土日や職場が休みの日だと在籍確認は翌営業日にズレてしまうのでさらに審査時間は長引きます。

また、契約時に普通預金口座の開設が必要なケースも多く、口座開設の手続きでさらに時間がかかることから、急ぎでお金が必要だという方にはあまり向いていません。

過剰貸付による自主規制で審査は厳しい

2017年に、金融庁が銀行のカードローンの過剰貸付を問題視し、実態の調査が行われました。

その際に全国銀行協会で、「銀行による消費者向け貸付に係る申し合わせ」を決定し、カードローンの宣伝方法や、貸付基準の厳格化など、自主的な規制を行いました。

審査に関しては貸金業法の審査基準に合わせて、50万円以上の借り入れで収入証明書の提出や、貸付は年収の3分の1以上までに規制するなど、これまでの審査と比べてかなり厳しくなりました。

信用情報機関の情報等を活用するなどして、自行・他行カードローン、貸金業者の貸付を勘案して返済能力等を確認するよう努める。

引用 : 銀行による消費者向け貸付けに係る申し合わせ

そのため、消費者金融で複数社借り入れをしていて、おまとめローンを利用しようと思った場合、総量規制を超える借り入れは銀行カードローンでは難しいので、限度額内の少額の借り入れを銀行のカードローンで借り換えることは可能ですが、高額の借り入れだと審査に通るのは難しくなっています。

消費者金融のおまとめローン審査に通るための方法

審査に通るコツ

消費者金融のおまとめローンのうち、総量規制例外貸付の借り換え・一本化ローンは、複数の債務を抱えていて返済が苦しい方向けのローンなので、現在多額の借金があるから審査に通らないということはありません。

すでに複数社から借り入れができているということは、与信にも問題がないはずなので、正しい方法で申し込みをすれば審査に通る可能性は十分にあります。

借入総額は正確に書く

おまとめローンの申し込み時には、他社の借り入れ総額は正確な数字を申告しましょう。

審査時に信用情報機関の情報を照会するため、貸金業者は申込者が今何社からいくら借り入れしているかという情報はすぐにわかります。

審査に通るために借り入れ金額を少なく記載したりすると、内容が一致しないため審査に落とされてしまう可能性があります。

1社に絞って申し込みをする

審査に通りたくて短期間に複数社に申し込みをする人がいますが、複数社に同時に申し込みするのはやめておいた方がいいです。

信用情報機関の情報を照会すると、借り入れ記録だけでなく、申し込み情報も記録されています。

短期間に複数社に申し込みしているということは、それだけお金に困っていて返済能力が無いとと判断されて、審査に落とされてしまうことがあります。

他社の返済を延滞する前に申し込む

おまとめローンは多重債務者でも借りることはできますが、今の借り入れの返済を延滞してしまっている場合には、遅延情報が信用情報機関に登録されてしまい、借りることができなくなってしまいます。

過去に3ヶ月以上延滞したことがあるという場合は、信用情報の遅延情報の記録の保管期間は5年とされているので、5年以上前であれば審査には問題ありません。

5年以内に延滞してしまっている場合は審査に通る可能性が低くなります。

今の借り入れが返済できずに延滞になりそうという場合は、延滞になる前に早めにおまとめローンを利用して一本化するようにしましょう。

使用していないクレジットカードやカードローンは解約しておく

過去に契約をして、現在使用していないクレジットカードやカードローンは解約しておきましょう。

クレジットカードのキャッシング枠や、カードローンの枠は、利用していなくても与信の枠に影響します。

利用していない高金利のカードローンやキャッシング枠を整理しておくことで、おまとめローンで全額低金利で借り換えできる可能性が上がるため、不要な借り入れ枠は処分しておくことがおすすめです。

Q&A

家族の借金もおまとめできる?

本人以外の借り入れを一本化することはできません。

おまとめ専用ローンを本人の借り入れ以外の借入の返済資金として利用してしまうと使用用途に違反しているとみられて強制解約されるリスクもあるので他人の借り入れの返済として利用するのはやめましょう。

中小の消費者金融の宣伝をよく見ますが安全ですか?

貸金業協会に登録されている消費者金融であれば問題はないと思いますが、あまりおすすめできません。

おまとめローンは、商品の性質上、多重債務者の方の申し込みとなっています。

多重債務で返済に苦しんでいる人に、審査に通ると甘い誘惑を仕掛け、実際はお金を貸さずに自己破産をさせてお金を取る業者や、違法な闇金に紹介してお金を取る紹介屋と呼ばれる業者も多く存在します。

大手の貸金業者がそのような行為をすることはまずないので、中小の消費者金融で申し込みをするのではなく、大手の消費者金融を選んだ方が良いでしょう。

「低金利で融資」「他店で断られた方でもOK」「らくらく・簡単」「即日融資」など利用者の心理をついて誘い込んできます。特に、自己破産者や返済に困っている多重債務者をターゲットに勧誘してきます。

引用 : 金融庁

紹介屋

あたかも低金利で融資するように思わせて多重債務者を呼び込み、「あなたの信用状態はよくない。うちでは貸せないのでほかの店を紹介する。」などと言って、他の店で借りるように指示し、そこで借入れした金額の一部を紹介料としてだまし取る。

引用 : 金融庁
過払いがある場合はおまとめローンは利用できますか?

過払いがあったとしてもおまとめローンは利用できます。

過払いが発覚した場合は、おまとめローン利用前であれば過払い金返還請求ができます。

おまとめローンを利用して返済をしていた場合でも、過払い金返還請求を行うことができ、完済後の過払い金返還請求に関しては信用情報のブラックリストに載ることもありません。

関連記事

プロミスの口コミを調査して分かった審査に落ちた人の特徴を紹介
SMBCモビットの口コミを徹底調査!審査に通るコツや即日融資の方法も紹介
アイフルの口コミを徹底調査!審査に通った人と落ちた人の違いを紹介

目次
閉じる